施行、平成 8年 7月 5日
改正、平成 9年 6月27日
平成10年 6月17日
平成11年 6月24日
平成12年 5月19日
平成14年 6月27日
平成18年 4月27日
平成19年 5月 9日
平成20年 5月13日
平成21年 5月21日
平成24年 5月18日

平成27年 5月12日
平成29年 5月 9日

第1条(名称)
  本会を「日米エアフォース友好協会」 (Japan-America Air Force Goodwill
  Association 略称「JAAGA」) と称する。

第2条(事務所)
  
本会の本部を東京に置く。
 2 三沢及び沖縄に支部を置く。

第3条(目的)
  
本会は、航空自衛隊と米空軍との相互理解及び友好親善の増進に寄与する
 事業を推進し、日米両国の信頼関係の向上に貢献することを目的とする。

第4条(事業)
  
本会は、次の事業を行う。
  (1)航空自衛隊員及び米空軍軍人(以下、「日米隊員」という。)の激励等
  (2)日米隊員の交流等支援
  (3)米空軍軍人の日本研修等支援 
  (4)広報及び広報協力
  (5)その他、本会の目的達成に必要な事業

第5条(会員)
  
本会は、次の会員で構成する。
  (1)正会員:航空自衛隊のOB で、本会の趣旨に賛同して入会を希望し、会長
     が入会を承認したもの。
  (2)賛助会員:本会の趣旨に賛同し、本会の事業に協力する個人、団体及び
     法人で、役員会の審議を経て会長が承認したもの。
  (3) 名誉会員:米第5空軍司令官又は太平洋空軍司令官経験者で、会長の
     入会要請に応えて入会を受諾したもの。

第6条(役員及び役員選出)
  
本会の役員は、正会員によるものとし、その役職、員数、選任は次の
 通りとする。
役  職
員  数
選    任
会  長
   1人
 総会において選任する
副会長
   3人
 同   上
監  事
2人
 同   上
理  事 36人以内  役員会において選任し、総会に報告する
支部役員 各支部2人  同   上

 2 理事及び監事は、相互に兼ねることはできない。
 3 役員の任期は、原則として2年とする。ただし、再任を妨げない。

第7条(役員の職務)
 
 役員の職務は、次のとおりとする。
  (1)会長は、本会を代表し、会務を総理する。
  (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、あらかじめ会長が定めた
     順序に従い、その職務を代行する。
  (3)理事は、役員会において、会務の主要事項について審議するとともに
     この会則の定め及び役員会の議決に基づき会務を分担処理する。
  (4)理事の会務の所掌分担は、会長が定める。
  (5)監事は、資産、会計及び会務の執行状況を監査する。 
  (6)支部役員は、この会則の定め及び役員会の議決に基づき支部における
     会務を分担処理する。

第7条の2(本部及び支部)

  
本部に、理事長及び副理事長を置く。その員数、選任、職務は次のとおりと
 する。
役  職
員  数
選    任
理事長
   1人
 理事の中から会長が委嘱する
副理事長
   1人
 同   上

 (1)理事長は、会長の命を受け会務を掌理する。
 (2)副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときは、その職務を代行
    する。
 2 支部に支部長及び支部事務局長を置く。その員数、選任、職務は次のとおり
   とする。
役  職
員  数
選    任
支部長
1人
 支部役員の中から会長が委嘱する
支部事務局長
1人
 同   上

  (1)支部長は、それぞれの地域における会務を分掌する。
  (2)支部事務局長は、それぞれの支部の会務を処理する。

第8条(顧問)
  本会に顧問(若干名)をおく。
  (1)顧問は、正会員の中から会長が委嘱する。
  (2)顧問は、会長が必要と認めた事項について、その諮問に応ずる。
  (3)顧問を委嘱する期間は2年間とし、必要に応じ、再委嘱することができる。

第9条(会議)
  会議は、総会、役員会及び理事会とする。

第9条の2(総会)
  総会は正会員をもって構成する。
 2 総会は、正会員の3分の1以上の出席(委任状を含む)により成立し、議決は
  出席者の過半数の同意による。
 3 総会の議決事項
   (1)事業報告及び決算の報告
   (2)事業計画及び予算の決定
   (3)会長、副会長及び監事の選任
   (4)会則の変更
   (5)その他、本会の運営に関する重要事項
 4 総会は、会長が召集する。
 5 総会の議長は、会長がこれにあたる。

第9条の3(役員会)
  役員会は、会長、副会長、理事をもって構成する。
 2 役員会は、構成員の3分の2以上の出席(委任状を含む)により成立し、議決
  は出席者の過半数の同意による。
 3 役員会の議決事項は次のとおりとする。
   (1)総会の議決を要しない事項の承認
   (2)総会に付すべき事項の承認
 4 役員会は、会長が召集する。
 5 監事、支部長、支部事務局長は役員会に出席して意見を述べることができる。
  ただし、議決権は有しない。

第9条の4(理事会
  理事会は、理事をもって構成する。
 2 理事会は、理事長又は副理事長を含む理事の3分の2以上の出席(委任状を
  含む)により成立し、議決は、出席者の過半数の同意による。 
 3 理事会の議決事項
   (1)総会または役員会で議決された事項の執行に関する事項
   (2)役員会に付議すべき事項
   (3)その他、役員会の承認を要しない会務の執行に関する事項
 4 理事会は、理事長が召集する。

第10条(会費及び会員)      
  本会の経費は、会費、寄付金及びその他の収入をもって充てる。
  (1)年会費は、次のとおりとする。
    正 会 員(会員期間8年未満)    :  5,000円
    正 会 員(会員期間8年以上)    :  4,000円
    個人賛助会員                : 10,000円
     団体賛助会員           : 20,000円
    法人賛助会員(非営利法人)      : 20,000円
    法人賛助会員(企業法人)       : 1口 50,000円
    なお、正会員の会員期間は、会費の納入回数をもって算定する。
  (2)名誉会員の会費は納入を要しないものとする。
 2 本会の資産は、財務担当理事が管理する。
 3 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
 4 事業計画及び予算が決定されるまでの間の事業については、暫定的に会長
  が、これを行うことができるものとし、総会において承認を得るものとする。

第11条(退会)
  会員は、本人の申し出により、退会することができる。
 2 会員に、本会の会員としてふさわしくない行為があった場合、会長は役員会の
  審議を経て、会員を退会させることができる。   
 3 2年間連続して年会費を滞納し、督促を受けてもなおこれに応じない場合は、
  会員の資格を失う。

第12条(細則の制定)
  この会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、役員会の審議を
 経て、細則として定めるものとする。
 2 支部の運営要領については、それぞれの支部長が定めることができる。

第13条(その他)
  本会は、「つばさ会」の付属組織として、次の事項を、「つばさ会」に報告等する
 ものとする。
  (1)会則の変更
  (2)組織の重要な変更
  (3)年度事業計画及び年度事業報告

   付則  
     この会則は、平成9年6月27日から施行する。
   付則
     この会則は、平成10年6月17日から施行する。
   付則
     この会則は、平成11年6月24日から施行する。
   付則
     この会則は、平成12年5月19日から施行する。
    付則
     この会則は、平成14年6月27日から施行する。
   付則
     この会則は、平成18年4月27日から施行する。
   付則
     この会則は、平成19年5月9日から施行する。
    付則
     この会則は、平成20年5月13日から施行する。
   付則
     この会則は、平成24年5月18日から施行する。

   付則
     この会則は、平成27年5月12日から施行する。

付則
     この会則は、平成29年5月9日から施行する。

日米エアフォース友好協会会則